トップページお墓検索お墓の基礎知識販売店の方へ
 >   >  > 手元供養とは
戻る

お墓の基礎知識

手元供養とは

遺骨を一部、骨壺から取り出し、ミニ骨壷やペンダント、指輪に納骨することで、自宅や身近に置き供養することです。納骨や、散骨前に分骨して行います。自宅供養(じたくくよう)とも呼ばれています。

手元供養には「お墓を購入するより費用が安く、常に故人をそばに感じることができ、お参りに出向く必要がない。」反面、「手元供養品を管理している人が亡くなった際の管理を決めておく必要がある。」といった特徴があります。

遺骨を収納するタイプと遺骨を加工するタイプがあり、「ミニ骨壺」「アクセサリー」「オブジェ」などがあります。

■遺骨収納タイプ
アクセサリーのように肌身離さず身につけるものや、ミニ骨壷など自宅に飾るものの中に遺骨を納めるタイプ。

■遺骨加工タイプ
遺骨に含まれる炭素から人工的にダイヤモンドを製造するなど、遺骨を別のものへ加工するタイプ。
「埋葬方法について」の記事一覧へ

関連記事

「埋葬方法について」の記事一覧へ
霊園・墓地を検索する
お墓ガイド

お墓・霊園・墓地の情報なら、首都圏最大級のお墓・霊園・墓地情報サイト「お墓ガイド」にお任せください。
霊園、墓地の資料請求や現地の見学など、専門の相談員、コンシェルジュが24時間365日、お電話、メールにて承っております。
どのように霊園を選べばいいのか、自分にあったお墓を探したいなどお墓・霊園・墓地のことならなんでも無料でご相談承ります。
一人で探すのはなかなか難しいお墓選び。少しでも悩んだらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ販売店の方へサイトマップ利用規約運営会社情報プライバシーポリシー
24時間365日いつでも対応いたします。
0120-06-1703

Copyright © 2016 Urban Funes Corporation. All rights reserved.