トップページお墓検索お墓の基礎知識販売店の方へ
 >   >  > 散骨とは
戻る

お墓の基礎知識

散骨とは

故人の遺骨すべて、あるいはその一部を「粉骨」(遺骨と分からない大きさに粉末化すること)して、遺灰を海、山、川、湖、空などに撒く、埋葬および供養のスタイルです。
散骨は奈良時代頃まで、死者の魂を自然に還すという風習から、日本でも頻繁に行われていました。ヒンズー教では、いまも亡くなった人の遺灰を海や川に散骨するのが普通です。アメリカでも、ほとんどの州で散骨は合法化されています。
戦後の日本では、「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない」(墓地、埋葬等に関する法律)や、「死体、遺骨、遺髪、または棺内に蔵置した物を損壊、遺棄または領得した者は、三年以下の懲役に処する」(刑法190条)に触れるという解釈から、散骨は長年にわたって違法と見なされていました。
1991年「NPO法人 葬送の自由をすすめる会」が、火葬された遺骨を粉にして海や山へ還すことを「自然葬」と名付けて活動を始めると、法務省が非公式ながらも「(散骨が)葬送のための祭祀で、節度をもって行われる限り問題はない」という見解を示し、散骨は新しい葬送と供養のかたちとして徐々に定着しつつあります。
散骨が安上がりであると思うのは間違い
散骨を選ぶ理由は、「亡くなったあとは大自然に還りたい」「大好きな海で眠りたい」「お墓の継承者がいない」「宗教による葬儀や供養をしたくない」「ペットの遺骨と一緒に散骨してもらいたい」などさまざまですが、散骨は好き勝手に行えるわけではありません。
「お墓にお金をかけたくない」といった理由から散骨を希望する人もいますが、散骨が安上がりな葬儀と考えるのは間違いです。散骨の許可された場所に向かうために交通費もかかります。樹木葬であれば永代供養料や年間維持費が必要なこともあります。海岸や砂浜での散骨は禁じられているので、船をチャーターする費用が必要です。散骨は、大切な故人の新たな旅立ちを願い、大自然に送りだす崇高な供養のスタイルです。安易な気持ちで散骨を選ぶと違法行為やトラブルの原因になります。
ガイドラインを守ることで違法行為やトラブルを避ける
散骨に際しては、遺骨は必ず「粉骨」しなければなりません。遺骨をそのままの状態で撒くと「死体遺棄罪」に問われます。たとえ自分の土地であっても、墓地以外の場所に遺骨のまま散骨・埋葬するのは違法行為です。海、山、川、湖などに散骨する場合も、人家が近くにある場所は「迷惑防止条例」、水源である川や湖に散骨すれば「水質汚濁防止法」に問われます。海洋上であっても漁場や海上交通の要所での散骨は、「海洋汚染防止法」違反になります。
散骨のルールとマナーを守りトラブルを回避するためにも、散骨は自力で行おうとせず、法規や手続きに明るい事業者や団体に相談することをお勧めします。
「散骨」の記事一覧へ

関連記事

「散骨」の記事一覧へ
霊園・墓地を検索する
お墓ガイド

お墓・霊園・墓地の情報なら、首都圏最大級のお墓・霊園・墓地情報サイト「お墓ガイド」にお任せください。
霊園、墓地の資料請求や現地の見学など、専門の相談員、コンシェルジュが24時間365日、お電話、メールにて承っております。
どのように霊園を選べばいいのか、自分にあったお墓を探したいなどお墓・霊園・墓地のことならなんでも無料でご相談承ります。
一人で探すのはなかなか難しいお墓選び。少しでも悩んだらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ販売店の方へサイトマップ利用規約運営会社情報プライバシーポリシー
24時間365日いつでも対応いたします。
0120-06-1703

Copyright © 2016 Urban Funes Corporation. All rights reserved.