トップページお墓検索お墓の基礎知識販売店の方へ
 >   >  > お墓を買った後、納骨までには何かする必要があるのか
戻る

お墓の基礎知識

お墓を買った後、納骨までには何かする必要があるのか

仏式の場合お墓建立時に「開眼法要」を行い、その後納骨の手配を行うのが一般的です。開眼法要と納骨法要を同じ日に行うことも多いです。また、墓石に彫刻をする場合、開眼法要・納骨までに彫刻内容を決めていきます。

開眼法要とは故人の魂を墓石に向かい入れるための仏教儀式です。仏教では墓石は建てるだけではなく、開眼法要を行う事により、故人の魂が石に入り、礼拝の対象となると考えられています。

さて、法要はやらなきゃダメなのでしょうか。
現在ではあくまで祭司の主催者の一存に任されていることが多く、必ずしも行わなくなってきています。しかし、中には行うことが必要であったり、納骨の条件となっている場合もあります。
「納骨・法要について」の記事一覧へ

関連記事

「納骨・法要について」の記事一覧へ
霊園・墓地を検索する
お墓ガイド

お墓・霊園・墓地の情報なら、首都圏最大級のお墓・霊園・墓地情報サイト「お墓ガイド」にお任せください。
霊園、墓地の資料請求や現地の見学など、専門の相談員、コンシェルジュが24時間365日、お電話、メールにて承っております。
どのように霊園を選べばいいのか、自分にあったお墓を探したいなどお墓・霊園・墓地のことならなんでも無料でご相談承ります。
一人で探すのはなかなか難しいお墓選び。少しでも悩んだらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ販売店の方へサイトマップ利用規約運営会社情報プライバシーポリシー
24時間365日いつでも対応いたします。
0120-06-1703

Copyright © 2016 Urban Funes Corporation. All rights reserved.