トップページお墓検索お墓の基礎知識販売店の方へ
 >   >  > 納骨はいつまでにするのか
戻る

お墓の基礎知識

納骨はいつまでにするのか

いつまでに納骨しなければならないという決まりはありません。一般的には四十九日に合わせてや100か日に合わせてのご納骨、もしくは一周忌や新盆、お彼岸などに合わせて行うことが多いです。特に新しくお墓を建てる場合、完成まで数か月かかるため、その場合の納骨は1周忌に合わせて行うことが多いです。

手順としては納骨を行う日取りを決め、霊園・お寺へ納骨・法要の手配をします。また、実際に納骨を行うにはお墓を建てた石材店に依頼することが一般的ですので、石材店にも日程を伝え納骨の依頼をしておきます。開眼法要や納骨法要などを一緒に行う場合、会食を予定することもありますが、この場合料理の手配やお食事の予約もお必要となります。
一般的な仏教では、①お寺の本堂、霊園の法要施設で読経を行い②お墓に遺骨を納め読経・焼香③その後会食を行います。
「納骨・法要について」の記事一覧へ

関連記事

「納骨・法要について」の記事一覧へ
霊園・墓地を検索する
お墓ガイド

お墓・霊園・墓地の情報なら、首都圏最大級のお墓・霊園・墓地情報サイト「お墓ガイド」にお任せください。
霊園、墓地の資料請求や現地の見学など、専門の相談員、コンシェルジュが24時間365日、お電話、メールにて承っております。
どのように霊園を選べばいいのか、自分にあったお墓を探したいなどお墓・霊園・墓地のことならなんでも無料でご相談承ります。
一人で探すのはなかなか難しいお墓選び。少しでも悩んだらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ販売店の方へサイトマップ利用規約運営会社情報プライバシーポリシー
24時間365日いつでも対応いたします。
0120-06-1703

Copyright © 2016 Urban Funes Corporation. All rights reserved.